デート中の支払いは?  

アラサーくらいの年代になると、ある程度金銭の面も安定してくるでしょう。
しかし、デートの時はどんな感じでしょうか?
いくら金銭面が安定してくるとはいえ、デート中はやはり伝統的に男性が負担してほしいと思いますか?

この問題はとても微妙で、賛否両論の意見があります。
恋愛中の相手が年収が自分よりもずっとよいのであれば、デート代はそのまま甘えても構わないかもしれません。
女性が出す出さないは、二人のそれぞれの年収を考えて、それとなくうまい割合で女性も出すようにするものいいのではないでしょうか?

しかし、伝統的には、デート代は男性が持つものだと感じて、それでなければ駄目と言うアラサー女性は、デート代をすべて負担しても、誘ってくれる相手を探せばいいのです。
いくら男性でも、女性より年収がずっと低くて、デート代も出すのが苦しいと思っていて、それでも相手のことを愛しているのであれば、それはそれで、その二人の恋愛の形です。
あまり、他の人がやっていることにこだわる必要はないと思います。

例えば、結婚して共働きであれば、生活費を出し合うと思います。
それとデート代を考えても、二人で一緒に楽しむことですから、しかも将来結婚を考えているのでしたら、結婚生活分を考えて、割り勘でお金をセーブしあうのも現実的なのかもしれません。
もちろん、男性の中には女性にお金を出させるのを嫌う人もいるでしょう。

いずれにしても、ほとんどの人がごく普通のサラリーマンです。
お金持ちと感じる人がそれほど多くはありませんから、毎回のデートに夢のようなことを期待できません。
例えば、アラサー女性がスマートにそのあたりを何とかしたい時は、時々「今日は私が出しておくわ」と言って、支払いを済ますとか、旅行の時はやはりお金もかさむので、割り勘にするとか、その時々に7:3くらいで少し負担をするようにしたらいいのではないでしょうか?
そうすれば、男性の自尊心もそのまま維持できるし、女性にもそれほど心の大きな負担を感じないでしょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。