アラサーと結婚、そして子供

ずいぶん昔に、DINKSと言う言葉が流行りました。
この意味は、Double Income No Kids、つまり2倍の収入でも子供なしという意味で使われていました。
結婚しても、恋愛期間のように、二人だけで人生を思いっきり楽しむことで、結構こういったカップルもいました。

最近は、あまり使われなくなりましたが、普通の適齢期より遅めに結婚をしたカップルは、子供ができにくかったり、または仕事もかなり安定していて、そのまま子供をもうけずに、二人だけで暮らしてゆくタイプの結婚をそう呼んでいました。
アラサーの年齢ですと、まだ子供をもうけることは出来ますが、最初から、DINKSを狙って、アラサーの年代でも結婚せずに仕事に重きを置いて、アラフォーくらいになってから、結婚を考える人もいるかもしれません。
子供がいることで、特に母親になると、ほとんどの時間を子供に費やされてしまいます。

もし、そのままいままでのように仕事を続けようとしても、ほとんどむずかしくなります。
もちろん、お金を払って、自分の代わりに子供を見てもらう人を探すこともできますが、それでは、後に子供に対して十分な愛情を注いでいる時間がなくなり、むずかしい問題が起こる可能性もあります。
アラサーの年代で結婚に向けて恋愛を考えている中、今後将来をどのようにするのか、相手とよく話しあいましょう。
相手が子供がほしいということであれば、二人だけの結婚生活は成り立ちません。

|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|