一緒に行動してくれる友達が見つからない 

仕事も充実してきて、収入もある程度満足のいくほどはもらうようになったのに、なぜか気持ちら沈んでしまうという、経験をアラサーの独身女性はしているかもしれません。
独身のアラサー女性は、もちろん恋愛をしてみたいし、結婚にも興味はあります。
しかし、なかなかこれと言って、ピンとくる男性が見つからないので、そのまま独身生活を過ごしてしまうことになります。

もう若い時のように合コンに誘われることもなくなって、職場の後輩がどんどん結婚をしてゆけば、気持ちがちょっとつらくなるのは当然だと思います。
そして、極めつけが休日にかつて一緒に行動してくれた友達が、すでに結婚をしてしまって、ひとりで過ごすことが多くなってきます。
しかし、そこで悶々と気持ちを暗くして、ひとりで人生を諦めてはいけません。

自分が将来どうしたいのかはっきりと方向性を考える時期にきています。
もし、結婚を望んでいるのでしたら、それに焦点をあてて考えてみましょう。
周りに見渡しても恋愛対象になる人はいなくても、そのままにするのではなく、自分が望む夢を叶える行動をするのです。

例えば、結婚相談所に登録したり、いろいろな業種の集まりにも参加したり、自分の環境を変えるための扉を開く努力をしましょう。
まず、行動することが大切なのです。
ひとつの環境だけを見るのではなく、自分の幸福は自分の手で勝ち取る「努力」をしましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。