アラサー女性が既婚者に走る理由

時々アラサー女性は、既婚者に恋愛感情を描くこともあるようです。
やっと仕事も充実してきて、会社の上司からも仕事の成果を一人前に認められるようになってきて、ある意味で仕事も、結婚のために手放したくない、もう少し結婚を保留して、このままキャリアを重ねて、今やっていることをもっと極めたいと思っているアラサーも少なくないのではないでしょうか?
そんな時、独身男性とつきあっていると、年齢的にも即結婚に直結してしまうのがちょっとおしいと感じたとき、対象が既婚者に向くという理由もあるかもしれません。

しかし、本当にそれでよいのでしょうか?
既婚者とデートしたところで、将来の希望はほとんど皆無です。
いくら恋愛をしているからと言って、いくら仕事を第一に考えて、結婚はもう少し保留と言っても、実りのない相手とつきあっていても、かなり精神的に参ってしまうこともあるのではないでしょうか?
社内の既婚者なら、大変な問題ありだと思いますが、外の会社の人であっても、妻子の問題は、まったく避けて通ることができません。

それに、仕事もかなり落ち着いてキャリアも登りつめてきた時点で、そろそろ結婚でもしたいと感じたときは、アラフォーになってしまっているかもしれません。
そうなると、妊娠もむずかしくなってきますが、なにしろ、本当に独身の相手を探すことができなくなっている可能性だって考えられます。
既婚者とデートなどは、まったくの時間の無駄です。
もっと自分を大切に、そして将来の計画を現実的に立ててみましょう。


|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|